2017年11月17日

SAA GLOCK19 グレードアップ


MOCKEYがこだわって使い続けるGLOCKのサイトはWARREN TACTICAL製。
とは言ってもこの実パがほぼ手に入らない+この画像のタイプがDETONATORから出ているので、レプリカとなる。

しかし今では手に入れようにも10-8やHEINIE、NOVAKと比べるとレアく、あまり市場に出回ってない。

DETONATORから出てるものは、蓄光タイプでTrijiconのサイトを再現しているため、SUREFIREで照らすと15~20分は感じられるほど光り続ける。

で、色々調べていくにつれて集光ファイバーオプティクスに興味が湧いた。

実際WARREN TACTICALでも、フロントサイトにファイバー、リアは形のみ踏襲しているだけのものがリリースされている。

そこでレプリカでないのかと調べていくと…

Ace 1 Armsよりソックリそのままこのタイプがリリースされていた。


一切光のない暗闇で光ることはないが、ローライト下では基本的にライトを使うためMOCKEYのハンドガンの使い方と相性がいいのではないか + 蓄光さえ入ってないもののリアサイトの形状は使い慣れた従来通りWARREN TACTICALそのものだったため今回導入に至った。

バリエーションとして使える様に、このサイトはバックアップ用にしていたTAN COLOR GLOCK19のノーマルサイトと取り換えることにした。

ついでに…

ホップパッキンと面押しのパーツ。

開けてみるとこんな感じ。
銀のリングをパッキンのノズルが入る側に装着し、気密性やホップの突起などの型崩れを防ぐ役目があるらしい。


面押しのパーツはパッキン押す金具に挟み込んで使う。


パッキンはMAPLE LEAFから出てるAUTO
BOTと言われるもの。
突出部が控え目で、面ホップ効果が高いもの!と書いてあった。

距離のある場所でまだ試し撃ちをしていないので何とも言えないし、ハンドガンで遠距離の精度は求めてないMOCKEYだが、無いよりはあった方がいいただろうというだけの話。

さて、話はリアサイトに戻る。
前にも書いたが、SAAのサイトは取り付け方が独特で、実物のサイトの取り付け方にソックリな仕様になっており、マルイGLOCK17式のサイト固定方法てはポン付け出来ない。


この通りそのまま付けても浮き上がる。
これを18C用のものを使えばポン付けが出来るらしいが…
MOCKEYはこのAce 1 armsのサイトを取り付けたい。

GLOCK19のブリーチの干渉する箇所を削る。

実はこれ、BKの19にも同じことやってDETONATORの17用のサイト取り付けアタッチメントをつけて使ってる。


削り終えたあと。
ガッツリ削ってやってます。

はっきり言うてここに耐久性は今のところ必要とは感じておりません。

次はフロントサイト。

ファイバーをフロントサイトの穴に通す前にファイバーの通る溝に接着剤を垂らしておく。

長さは適当にしといて…

適正な長さにしてファイバーをカット。

そしていざ取り付けなのだが…

サイトの嵌合するところの形が合わないため、スライド側のサイトの穴、四隅を少し拡張してやる。


手こずったものの、スライド内側からワッシャーを一枚噛ませてネジ止めすればフロント、リア共にガッツリ固定。


フロントサイトを素早く拾いやすいのが最大の特徴かな。


そして最後はこのフレームについてるスライドストップ。


これに交換。


何も難しいことはなく、外してつけるだけ。

BK、TAN両方とも普通に使えるまでになりました。  


Posted by MOCKEY  at 06:54Comments(0)カスタマイズGLOCKハンドガン

2017年11月04日

GLOCK19 tan ver Flame Reduction ver2


これのフィンガーチャンネル有り側を目標にTAN ver GLOCK19のフレームを弄っていく。

フィンガーチャンネルの谷を…

ガッツリ削り込む。


一時はトリガーガードの先も丸めようとも思ったが…

この通りトリガーガード下の溝のみザグリからのSTIPPLINGに留まった。

今回ここのSTIPPLINGはこの範囲に抑えた。


フィンガーチャンネルを悪と思ってたが、しっかり凹凸のメリハリつけるとかなり手に馴染む。

GLOCK社のGEN3のフィンガーチャンネルを採用した方になぜそれでOKを出したのか是非問いたい。

色々収穫のあるREDUCTIONでした。  


Posted by MOCKEY  at 23:43Comments(0)カスタマイズGLOCKハンドガン

2017年11月03日

GLOCK19 tan ver Flame Reduction


部品のバックアップで一丁買っといたGLOCK19。
自分が仕入れる先の在庫の関係でフレームは買う予定ではなかったTANになってしまった。

内部の部品取りに使う予定だったし、外装なんてあって無いようなものだと思っていた。

メインで使ってるBLACKの方のハンマーのノッチ削れが心配だったが、ハンマースプリングを弱める加工をリアシャーシに施してから、現状からは削れが進行しなくなった。

と、いうわけで…

この純正状態のフレームにREDUCTIONを施し、BLACK同様しっかり使える様に仕上げようと思う。


フィンガーチャンネルはGEN3フレームの欠陥だと思って、REDUCTIONの段階で取り除いてた部分だった。

しかし、毎度毎度同じでは見識も広がらないので、今回はバリエーション展開してフィンガーチャンネルは残す仕様で仕上げたいと思う。

参考にするのはこの右のフィンガーチャンネルがあるタイプ。

GEN3の純正フレームのフィンガーチャンネルの何がMOCKEYの手と合わないのか、この参考となる画像でよくわかった。

それは、チャンネルの出っ張りに対して凹みが足りないところ。

つまり、チャンネルとそうじゃない部分のメリハリが少なすぎて野暮ったすぎるわけ。

この参考画像の様に、山になってないところのイボイボをガッツリ取り去ってやれば…


ガッツリメリハリつけて削れば手に馴染むのかなと。

明日は仕事の為今日だけでは完成させられなかったが、まずはハイグリップ加工と第一のチャンネル部分のメリハリ作りは終了。

後は下の部分の2山と、バックストラップの膨らみを切断することなく削り取れるだけ削り取って、ストレートに限りなく近づけること。

サポートハンドの包み込みを補助するため、トリガーガード下に段をつけて、全体をスティップリングして完成!

明日、あさって中には完成させれるかな~と。

あとはDETONATORのサイトを買って付けてやるなりすれば普通にトレーニングでも満足に使えるハンドガンの完成。  


Posted by MOCKEY  at 23:32Comments(0)カスタマイズGLOCKハンドガン

2017年11月02日

廃材からダミープレートへ


もう2年近く使ってるLBX-4020。

いまだにこれに勝るプレートキャリアは見つけられない。
強いていえばこれのver2として出てるものくらいだろうか。

使用するホルスターの関係上、カマーバンド周りに何も付いてないのが肝。
あと、アサルターズパネルを買ってしまえばミニマリストのMOCKEYには他に何も要らなくなってしまうわけ。

で、プライマリーをガスブロにして、アサルターズパネルをつけるとARのマガジンを3つとGLOCKのマガジンを2つつけることになる。

WEのマガジンは軽い部類であるけど、それでも重さでだいぶ前下がりになってしまう。

そして何かしらプレート代わりになるものを入れとかないと形が崩れて使いにくいから、前にはバスマットをスイマーカットしたものを、後ろには前のと同じバスマット+ある程度のカウンターウェイトとして会社で廃材となった厚さ6mmのアルミ板をスイマーカットしたものを入れていた。

が、しかし今回会社で廃材になった6mmのステンレス板を手に入れた。

大まかにカットして持って帰って来たのはいいが、大まかすぎてフィットせず。

再度細かい採寸を取って会社へ持ち帰り…

こうなった。

パッと見、何の変哲もない普通の板過ぎて伝わらないだろうが…
2枚合わせると装着する気が失せる重量。

恐らくマガジンをつけてなくてもキャリアーだけで5~6kgはある。

これつけて全力タクトレするとか…
お、恐ろしい…

幸いというか、現在仕事で首を痛めて全くトレーニング出来ない状態だが、復活したら一度全力でやってみようかなと思う。  


Posted by MOCKEY  at 10:07Comments(0)

2017年10月31日

BCM ALUMINIUM PICATINNY RAIL SECTION 4INC


左:アルミ
右:樹脂製

アルミ製は4インチ。

裏側はこんな感じ。

BCM本家のホームページの警告文には…
『" 注意:Nylon / Polymer Picatinnyレールセクションは、NON-load bearing付属品のみです。耐荷重アクセサリについては、アルミニウムピカティニーレールセクションを推奨します。20ポンドを超えないでください。KeyMod™ファスナーをポリマーアクセサリーに固定するとき。アルミニウムのPicatinnyのレールセクションは30インチポンドにトルクをかけられます"』

NON-load bearingは非耐力ということ。
つまり、荷重がかかるような使い方をしたいときはアルミのレールセクション推奨ということ。

20インチポンド、30インチポンドがどれくらいのトルクかはさておき、樹脂よりはアルミの方が耐久性があり、MOCKEYの様にハードに使うやつにはアルミ推奨ということだなと。

相変わらずもっと他に揃えないといけないものがあるのになかなかそっちは手付かずのまま…  » 続きを読む


Posted by MOCKEY  at 20:32Comments(0)AR系BCMライフル

2017年10月24日

寒さに備えて…


たまに見るドノーマルなM4にふと魅力を感じる。

タクティカルに特化させたARを持つだけに、なおさらドノーマルなM4の良さに惹かれる。
このドノーマルの安定感たるや…

さて、そろそろGBBには厳しい寒さになりつつある。

ANGRY GUNのボルトキャリアは後方に重りが仕込んである。
ネジが切ってあるため、すぐにはずせる。


重りを外すと純正ボルトキャリアほどの重量になるという。

GBBライフルのボルトキャリアの重量は寒さに大いに影響を与えるのは言わずもがな。
これで少しでも長い期間撃てる様になればと。

そしてトレーニング後の定期的な点検で見つけた小さな発見。

WEのGLOCKマガジンの放出バルブもだが…

M4系のマガジンの放出バルブも同じ様にEリングで止めてある。
ここのEリングが千切れかけていた。


ホームセンターのハシゴにより入手。
放出バルブを買うより断然安く、これからいつ壊れても補修が出来る様になったので、ハシゴしてまで手に入れた甲斐があるってもの。

もし使ってる途中に外れてたらなかなか面倒な事になってたな~とつくづく思う。

それこそ放出バルブ購入は避けられなかった。

日頃のメンテナンスを怠らずに行うということはとても大事なこと。

MOCKEYもそろそろPELICANケースを買わんといかんな~  


Posted by MOCKEY  at 20:11Comments(0)AR系カスタマイズBCMライフル

2017年10月11日

M600 ultraの場所変更


ハンドガード右側前方に配置し、そこから1時側へオフセット。

テープスイッチSR07をハンドガード上のフロントBUISのすぐ後ろに配置するのがMOCKEYのハンドガードのセッティングの鉄板。


これまで使用していたマウントはHSPのオフセットのやつ。
型番までは調べるのが面倒なため割愛。

今回のセッティングにした理由の前にちょっと解説を…

ハンドガードに標準で付属していたBCM KEYMOD対応ポリマーレイルに、HSP THORN TAIL。

ライトを点灯したときにバレルの影が映り込むのは極力避けたいため、基本的にマズルとライトはツライチに近い状態で配置するのがセオリーだと思っている。

本当はこれの短いヤツがあればレイルの真ん中に付けて絶妙なのだが、このマウントを新たに買った訳ではなく、1年ほど前にもらってから使う機会に恵まれなかったために封印されてた。

今さら引っ張り出してきたのにも理由があり…
一番上の画像の様にストロングサイドで構える分には問題ない。

それに対し、ウィークサイドにスイッチングしたとき、KEYMOD直付けマウントだとハンドガード最先端に付けたとしても、KEYMODの関係で、右手がライトの後ろのコードとかぶる位置に来てしまう。

それが非常に気になる。

今までKEYMOD直付けマウントをつけていたのはやはりブランド力もあるし、何より専用品だから。

しかし、ウィークサイドでのサイティング改善のためパーツチェンジが致し方なくなってしまい、トレーニングを重ねれば重ねるほど細かいところが気になって改善せずにはいられなくなる性格のため交換せざるを得なかった。


結果、これだけレイルの前に余裕があるため、前回の様に18インチのバレルになっても、影が映り込まない様にツライチを保てそう。

強いて言うならば…

KEYMOD直付けにしたいならこのマウントを買うか、ポリマーで出来ている追加レイルをアルミで出来た物に交換出来ればいいな~と思っている。

見た目も大事だが、やはり使う以上使い方に合ったモノを選ぶのは大事な事かなと思う。  


Posted by MOCKEY  at 00:32Comments(0)AR系カスタマイズBCMライフルsurefireHSP

2017年10月08日

Reload中のsafety onは必要?

エクステンションバレルが余ってるのをふと思い出して…

つけてみた結果、バレルレングス18インチ。

ハンドガードからスラリと伸びるバレルはあまり好きじゃなかったけど…
歳を取ると感性も変わるのか、バレル伸ばすだけでPrecision Rifle感出て案外嫌いじゃないかも。

さて、今回はふと疑問に思うことがありました。

それは…
Speed reload中のsafetyはONにするのがいいのかOFFでもいいのか。

最近少しずつ影響を受けている人、T'REX ARMSのLUCAS BOTKIN。


彼の場合。


Low ready


Shot

 
Magazine Release


Magazine Insert


Shot

となる。

拡大してみると…

Safety off !!

ほほぅ~…
彼はSafety off。

しかし、動画を見漁って行くとやはりいるわけですね。

Safety on派。


MIL SPEC MOJO
アジア系のアメリカン。

彼の場合。

Shot


Safety on !!!


Magazine releaseからShot

そしてマガジンの向きにもしっかりとした拘りというか意味がある。


体のほぼ真横で、弾頭が後ろへ向く配置。


LUCASも同じ様に後ろへ弾頭が向く。

MOCKEYの師匠はどうなってるのかと思って調べてみた。


まず1Shot


Chamber 確認


Magazine release


Magazine insert


1Shot


この手の握り。
完全に弾頭が前に向く握りだし、Safetyをonにしてる感じもナシ。

人によってSafetyのon・offも違えば、Magazineの向きも違う。

よって、Magazine Change中のSafety on・offは各個人の裁量に委ねられる部分が大きいと言うことか。

また1つ勉強した。  


2017年09月19日

台風明けにGUN STUDIO SAIへ


台風のせいで予定が潰れてしまったため、単独にて大分 GUN STUDIO SAIへ。

本来SAIは休みだったのだけども…

親方の鶴の一声で特別に入場を許して頂けた。


まずは軽くウォーミングアップ。
MOCKEY特製のペーパーターゲットを忘れてきてしまったため、アップの効果が半減したが、それでちょうどよかったかも知れない。


マネージャーによる心理を突いてくるターゲットの配置により…


SAIフィールド全体を使ったムーブ& シュート&クリアリング のトレーニング。

元々休みだった所を無理矢理開けてもらい、ほぼMOCKEY単独だったため、ものすごい濃密なトレーニングをこなせた。

地元に居ては出来ないシチュエーションばかりのため、初めは勝手がわからずに戸惑ったものの、徐々に体が慣れていくのがわかるほどに。

今までは身体をフルに使った体力強化を主に考えたトレーニングをこなしていた。
身体に動きを刷り込み、無意識にでも出来る様なトレーニング内容。

SAIのトレーニングでは主に身体よりも頭を使う事が圧倒的に多く、想像力・判断力・決断力をフル稼働し、かつその中でマズルコントロールやクリアリングするときの角度や足の配置、身体の捌き方などを考えることなくやらないといけない。

難しいけど…
これが実に面白い。

わざわざ忙しい中、カメラマンにも来ていただいたし、至れり尽くせりの一日だった。

日帰り弾丸ツアーだったけど、日頃の体力強化系プログラムがここに来て役に立ったのか頭は使ったものの、身体的な疲れはほとんどなく帰宅まで充実してた。

こういう普段とは違う環境へ身を置くことによって、通常自分がやって来たことが間違えてなかったということを認識出来るいい機会だった。

あと、最もよかったのは…
不安要素たっぷりだったGLOCK19のハンマーのノッチ削れに伴う作動と、BCMの遠距離での集弾性能。

特に両者とも問題なく…

GLOCK19はハンマースプリングのテンションを下げたのがかなり効いているのか、バーストの症状は皆無。


BCMに関してはようやくパーツ同士がこなれて来たのか、集弾性・作動共にかなり好調。

やっぱり使うものに不安要素がなければ動きも格段に違ってくる。

普段からのメンテほど大切なものはないと痛感させれられた、収穫の多い一日であった。  


2017年09月10日

GLOCK19 シルバーアウターバレル


BKのバレルをただペーパーがけして塗装を剥がしただけだが、イメージはすごく変わる。
ゴールドバレルは嫌いだが、シルバーはとても好み。
かといってわざわざ買うのも…
って今まで思ってた。
しかし、買おうにもSAA GLOCK19はアフターパーツでポン付けのアウターバレルが出てない。

バックアップで1丁手に入れたから思い切って出来た。

どこでもいいからSAAのアフターパーツを出してくれ~  


Posted by MOCKEY  at 18:19Comments(0)カスタマイズGLOCKハンドガン