2017年09月19日

台風明けにGUN STUDIO SAIへ


台風のせいで予定が潰れてしまったため、単独にて大分 GUN STUDIO SAIへ。

本来SAIは休みだったのだけども…

親方の鶴の一声で特別に入場を許して頂けた。


まずは軽くウォーミングアップ。
MOCKEY特製のペーパーターゲットを忘れてきてしまったため、アップの効果が半減したが、それでちょうどよかったかも知れない。


マネージャーによる心理を突いてくるターゲットの配置により…


SAIフィールド全体を使ったムーブ& シュート&クリアリング のトレーニング。

元々休みだった所を無理矢理開けてもらい、ほぼMOCKEY単独だったため、ものすごい濃密なトレーニングをこなせた。

地元に居ては出来ないシチュエーションばかりのため、初めは勝手がわからずに戸惑ったものの、徐々に体が慣れていくのがわかるほどに。

今までは身体をフルに使った体力強化を主に考えたトレーニングをこなしていた。
身体に動きを刷り込み、無意識にでも出来る様なトレーニング内容。

SAIのトレーニングでは主に身体よりも頭を使う事が圧倒的に多く、想像力・判断力・決断力をフル稼働し、かつその中でマズルコントロールやクリアリングするときの角度や足の配置、身体の捌き方などを考えることなくやらないといけない。

難しいけど…
これが実に面白い。

わざわざ忙しい中、カメラマンにも来ていただいたし、至れり尽くせりの一日だった。

日帰り弾丸ツアーだったけど、日頃の体力強化系プログラムがここに来て役に立ったのか頭は使ったものの、身体的な疲れはほとんどなく帰宅まで充実してた。

こういう普段とは違う環境へ身を置くことによって、通常自分がやって来たことが間違えてなかったということを認識出来るいい機会だった。

あと、最もよかったのは…
不安要素たっぷりだったGLOCK19のハンマーのノッチ削れに伴う作動と、BCMの遠距離での集弾性能。

特に両者とも問題なく…

GLOCK19はハンマースプリングのテンションを下げたのがかなり効いているのか、バーストの症状は皆無。


BCMに関してはようやくパーツ同士がこなれて来たのか、集弾性・作動共にかなり好調。

やっぱり使うものに不安要素がなければ動きも格段に違ってくる。

普段からのメンテほど大切なものはないと痛感させれられた、収穫の多い一日であった。  


2017年09月10日

GLOCK19 シルバーアウターバレル


BKのバレルをただペーパーがけして塗装を剥がしただけだが、イメージはすごく変わる。
ゴールドバレルは嫌いだが、シルバーはとても好み。
かといってわざわざ買うのも…
って今まで思ってた。
しかし、買おうにもSAA GLOCK19はアフターパーツでポン付けのアウターバレルが出てない。

バックアップで1丁手に入れたから思い切って出来た。

どこでもいいからSAAのアフターパーツを出してくれ~  


Posted by MOCKEY  at 18:19Comments(0)カスタマイズGLOCKハンドガン

2017年09月08日

SAA GLOCK19 2017ver TAN color


GLOCK19。
前回購入してからそう時間も経ってはいないが、矢継ぎ早に購入。

実は、初期に買ったものはこの短期間でそこそこ撃ち込んだためにハンマー側のシアと引っかかるノッチの部分がかなり削れて来たため、ガス圧が低下してくると中途半端な動作のバーストをするといった不具合が発生。

こんな不安要素を抱えたままトレーニングに集中なんか出来ない状態になりつつあったので再度購入に至った。

要は、2017verのハンマーのみ手に入ればいいわけだが、色々聞いてはみるものの、機種自体まだ新しいせいかハンマーのみの入手は出来ない模様。

SAAフル内蔵の旧式19のハンマーとは形状が異なっており、そっちと互換がないのがまたイタイ。

と、まぁ背景はさておき…

今回はフレームをTANカラーにしてみた。
たまたまTANしかなかったから。

実在はするみたいだからポリシーにも反してないが、あくまでパーツ取りやバックアップ程度にしか考えてないから気にしていない。


まぁしかしいざ所持してから全貌を手にとって見てみるとまんざら悪いものでもない。

恐らくそれはSAAの外観の再現性にあると思うが、最初敬遠していたのからするとだいぶん印象は和らいだ。


この2017verになってからまだノズルを分解してなかったと思い、やってみたが…
スプリングの長さ、バルブの形状、固定法…
すべてマルイと違うことに驚かされる。

スプリングの長さなんてなんじゃこりゃ!です。

さて、本題だが。

そもそもハンマーのノッチが削れて行くのはなぜかと考えた。

1.ハンマースプリングのレートが高すぎる
2.素材自体の脆さ
3.シアートーションスプリングが強い

1.はマルイに頼めば単体で手に入るが、注文が面倒なため、現状のスプリングでどうにかしたいというのがMOCKEYの方針。

2.素材の脆さだった場合はどうしようもない。
サードパーティから2017用スチールハンマー、シアーが出るのが一番なのだが、需要があまりにも無さすぎるため、ほぼ期待薄。

3.シアートーションの強さを変えて、余ってたマルイのシアートーションスプリングに交換したが、テンションが足りないのか撃ったあとに閉鎖不良を起こし、満足に撃てない。

と、いうわけで…

ハンマースプリングの足がかかる場所を削り込んで強制的に今持ってるハンマースプリングでテンションを下げる。

上から見るとこんなもん。 

最終的に長さの調整もあって、ここまで削り込んだ。

これにより、恐らく150%レベルのスプリングがマルイと同等くらいにはなったかなと思う。

これでハンマー少しは長持ちするといいな…

ハンマー削れる度に新品買いよったんじゃ仕方ないし;


なにはともあれ、GLOCKにバリエーション追加。
メインで使ってるBKの方に新しいハンマーを移植した。

これでまた少し満足に撃てなくなるのは先延ばしにすることが出来たな~と思う。

最後になったが、いくらバックアップとはいえ、サイトは純正から交換したい。

18用のサイトはポンつけ出来る様だから、近い内にヘイニーか、10-8辺りのカスタムサイトをつけたい。

純正


やっぱ全然違う。

慣れてるってのもあるかもしれないけど、純正より狙いやすいな~と思うMOCKEYでした。  


Posted by MOCKEY  at 00:34Comments(4)カスタマイズGLOCKハンドガンsurefire

2017年08月20日

DOT TORTURE TRAINING


お盆後半は雨でほぼトレーニング出来ず。
とりあえず軽く動いとかんと鈍るので軽くトレーニング。


DOT TORTURE TRAINING(ドット・トーチャー・トレーニング)というトレーニング。
・サイズはA4くらい。
・直径約5cmのドットを10個。
・距離約3~4m

#1 1番へ5発スローショット
#2 ドローから2番へ1発、リホルスターまで×5回
#3 ドローから3番へ1発、4番へ1発×4回
#4 ドローから5番へストロングハンドのみ5発
#5 ドローから6番へ2発、7番へ2発×4回
#6 ドローからウィークハンドへスイッチ 8番へ5発
#7 マガジンはEMPTY、チャンバーローディング状態からドローして9番へ1発、スピードリロードしてから10番へ1発×5回

3~4mという距離だがハンドガン、しかもアイアンサイトで自分のペースでとはいえ、ドローから正確に2インチを撃ち抜くということがどれだけ難易度の高いことか。

これを誰かの合図でスタートするようにすればもっと散るだろう。
そしてトレーニングの効果は倍増すること間違いなし。

自分のタイミングではなく、人からのアクションでスタートするだけで人間はある程度のテンションが掛かり、その状態でハンドガンを狙って撃つといつも出来ている事が出来なくなってしまうもの。

このGLOCK19の癖も射距離も大体わかったが、シアとハンマーの接するハンマー側のノッチが最初から削れつつあった箇所のせいか、一回だけバーストすることがあった。

やっぱりハンマーの予備がほしいけど、現時点では単品で手に入らないのが痛い;

その内手に入るようになることを切に願うが…
今のところ19を手に入れる他に予備パーツを手に入れる事が出来ない。

こんなにしっかり動く19は今までなかったし、とりあえずもう一個19買っとこうかな~


PEARCE GRIP + STANDARD BASE PLATEの組み合わせ。

VICKERSの組み合わせと比べると、縦・横の張り出しが少ない。

そもそも少し横に張り出しているのは、スタックしたときのためにベースプレートの張り出しを引っ張って強制的にマガジンをエジェクトするための張り出し。

設計的に最低限の張り出しなんだろうと思う。


マット・グラハム


グラハムメソッドっていうハンディライトを使った効果的なコンバットハンドガンのトレーニングを考案した人。

ロープロファイルな身辺警護する際、一切タクティカルギアを身に付けない人。

まずホルスター、マグキャリーなんてものはつけない。
パンツのフロント、アペンディクスキャリーの位置に自分のGUNを挿してるだけ。

タクティカルギアを身に付けているのが少しでも見られてしまうとそれだけで武器を所持してるのがバレて危険な目に遭う可能性が高まるかららしい。

彼の教えるハンドガンのコースはとにかくハード!!
『ハンドガンをツールとして捉え、不利な状況を脱するために効率的にツールを使用する方法を教える』
とある。

片腕を負傷し、倒れて遮蔽物の陰に縮こまりながらリロードしなければいけない状況に追い込まれる。

そんな中、今流行りのスライドに穴をあけ、軽量化されたレースガン風のカスタムガンは初日を終える頃には作動不良で消えていく。
とあった。

要するにどんな状況下でもトリガーを引けば『バン!』と動く事がもっとも大事だと考える彼の選ぶハンドガンが実に興味深い!


VICKERSのプラグとBASE PLATEがしっかりついてる!!

プロフェッショナルの彼が使う信頼できる装備にこれらのアイテムが適合してるという証であると言える。

しかし今のGLOCK19のスタイルも気に入ってる。

…よし、やっぱりもう一丁19を買って予備パーツ取り兼気分次第でフレーム交換していくのもいいかも知れない!!

早くどこかハンマーだけ出してくれないかな~  


2017年08月19日

GLOCK19用 PEARCE GRIP


前から欲しかったやつ。
PEARCE GRIP

これが手に入らなかった+ちょうどVICKERSのグリッププラグが手に入ったため探すのすら止めてた。


それにこのバランスも気に入ってた。

が…


このグリップから一切はみ出さず、且つスペースだけを埋めてくれる必要最小限のグリッププラグ。

ミニマリストなMOCKEYにうってつけなアイテム。

ボトムプレートはVICKERSのまま、PEARCE GRIPに変更するとミーハー感が抑えられるかな~と。

それにVICKERSのプラグは最低限の出っ張りとは言え、若干出っ張るためコンシールド性はPEARCE GRIPが勝る。

VFC系列であるSAAのGLOCKシリーズにはポン付け可。

マルイ、KJ、WEにはおそらく加工が必須かと思う。

ここまで来たらいっそのことベースプレートもノーマル形状にした方が雰囲気出るのかも知れないけど…
せっかくのTANGODOWNプレートがなぁ…

悩みどころ。  


2017年08月15日

BCM GUNFIGHTER QD SLING SWIVEL


レプリカのQDスリングスイベルをBCMのものに交換。

銃自体の重量が全て掛かるため、レプリカでは不安だった。
現に一個壊れた事もあった。

そんな所をなぜ今の今まで変えずに放っておいたのか…


上二つがレプリカスイベル。
それに対して下の二つが今回交換するBCM QDスイベル。


作業的にはVCASスリングについてたのを外し、付け替えるだけ。


そりゃ当然だけど…
耐久性は段違いだけど、本物だからと言って使用感など何も変わらん。

しかし、実物に変えれる所は全て変えると決めてるから実物が出回ってる以上は変えないわけにはいかないわけで。

あと実物に変えられるパーツはエジェクションポートカバーのみとなった。

そこまでやって初めて、PELICAN CASEに入れても恥ずかしくないARの出来上がりかなとMOCKEYは思う。  


Posted by MOCKEY  at 15:29Comments(0)AR系カスタマイズBCMライフルTACTICAL GEAR

2017年08月01日

GLOCK19 RAVEN CONCEALMENT SYSTEMS PANTOM HOLSTER


RAVEN CONCEALMENT SYSTEMS
GLOCK19 PHANTON HOLSTERを手に入れた。

実際17用に入らないこともないが、17は21用のホルスターでぴったり。

そこにリアルサイズに近い19を収めるとガタガタ。
ライトで保持してるけど、そもそものフレームの厚みが違うからガタつくのも無理はないと思う。

それプラス、17用のホルスターは何の抵抗もなくスパッと抜けるように湯煎しまくって保持できるかできないかギリギリの所に調整してるから尚更ガタガタなわけで。

RCSを選んだのはMOCKEYのホルスター選ぶ上でのこだわり。
これだけは譲れない。




毎回TAC ELEMNETの山岸さんにはお世話になっております。


G19 X300U RCSと刻印有り。


17(21用)との比較すると、17の方は15度ほど傾きがつけられてるタイプ。

確かこれ買ったとき、マルイ(WE TECH)17が入るのはこのタイプの21しか在庫がなかった為、仕方なく購入したと思う。

OWBで運用するホルスターに15度角度はただ邪魔なだけだと思って、片方ベルトループの位置をずらしてまっすぐドロー出来るようにして着けてた。

早速着けてドローしてみたが、かなりカッチリ感がある。

逆さまにしても全く落ちる気配無し。

かといって21用をフィッティング無しで使ってた時みたいに全く抜けない感じじゃないし、湯煎してフィッティングせず、しばらくこのまま使ってみようと思う。

やっぱりそれぞれのハンドガンにしっかり合ったホルスターを使うのがプロっぽいな~と。


全てRCSで揃えると気持ちがいい。  


2017年07月30日

BCM LOW PROFILE GAS BLOCK & GAS TUBE CARBINE LENGTH


ガスブロック&ガスチューブ、手に入れた。


さすが本物。
全然傷もつかず。

ちゃんと穴も空いてる本物。


ガスチューブの外径とガスブロックの径が絶妙。
緩くもなく、キツくもなく。

ピンも最初こそキツいものの、一回入るとスッと入る。


見えにくいww
実際外側から見えるパーツじゃないからレプリカでもいいんだけども…

ここまで来たら揃えたくなるのが人情ってもんで。

残るパーツは…
エジェクションポートカバー、BCM QDスリング×2

そこまで値が貼るものではないけど…

こいつら買ったし…

19+X300ULTRA専用のRCS PHANTOM HOLSTERも買わないといけないから無理出来ない…

まぁ~気長にやっていきましょうかね~  


Posted by MOCKEY  at 19:59Comments(0)AR系カスタマイズBCMライフル

2017年07月24日

GLOCK19 WARREN TACTICAL SIGHT


SAA GLOCK19のサイトは選択肢がほぼない。
実物orKSC用のカスタムサイトなら取り付け可能だが… 

KSC用はtrijiconのGL-01 3ドットタイプとNOVAKタイプ以外はどこでも在庫は枯渇している状況。

変わり種ということで

XS SIGHTタイプをつけてみたいなと思ったが…
やはり枯渇しててどこにも置いてない。

このサイト、動画などで使い方を確認したところ、近距離でのサイティングが非常にしやすい様に感じた。

が、ないものは仕方ないので純正のままでいくわけにもいかず…
WE G17に付けていたマルイ式のブリーチごとサイトをネジ止めする方式のDETONATORのWARREN TACTICALタイプのサイトがつけたいなと。

MOCKEYにとってこのサイトはGLOCKにおいて一番サイティングがしやすく、形も好み。

と、いうわけでGLOCK19のブリーチ・ブリーチを下からネジ止めするストッパー・最終的にスライド内部も少し削り…
マルイ対応のカスタムサイト達が取り付けられる様になりました。

現物合わせでリューターと油目やすりで削ること1時間…
加工写真は到底見せられるような物じゃないためと、GLOCK19 2017VERはブリーチがスライドから外れにくいため再度取り外して写真を撮るのが困難なので見送りました。 

しかし、改良の甲斐あって

リアサイトはガッチリ付きました。
少し隙間はあるものの、ガタツキや傾きなどは一切なく、サイティングには影響なし。

フロントサイトもサイトをネジ止めするための穴を両端約0.5mmほどリューターで拡張後、ワッシャ―をスライド内側から一枚咬ませてネジ止め。 

が、ネジの頭が出っ張りすぎてアウターバレル上部に擦れて傷になる。

そこで、スライド裏のネジ山をガッツリ削り飛ばしてやりました。

リューターで横溝作ってマイナスドライバーで外せる様にしてやらないと今後取り外すことは出来ないが、外す予定もないのでこれでOK。


この純正よりも少し背が高いサイトが好み。


しっかり蓄光も付いてるし、2ドットタイプで暗闇でも使える。

最近本場アメリカではフロントサイトにトリチウムやファイバーの1ドットに、リアサイトには何も光るものをつけない1ドットのセッティングが流行っているらしい。

リアサイトも2ドットのトリチウムを付けてしまうと…

実銃ではマズルジャンプ後のリカバリーの時にフロントサイトを見失って次弾が遅くなるらしい。

確かに撃つ!という事態に陥ってしまった時は精神的にもかなりのストレスがかかっている時。
同じドットが3つあると混乱するかもしれない。

それなら惑わす様なものはつけないと言う思考に行き着くMOCKEYの考えと全く同じのアメリカ人達でした。  


2017年07月15日

GLOCK19 マグキャッチ延長


純正のマガジンキャッチは微妙に押しにくい長さで、グリッピングをズラさないと確実にリリース出来ないためこの加工に至る。

画像見てもパッと見どこ変えたかなんてわからない。

純正から比べると恐らく1.5~2mmくらいしか延長してないが、実際使ってみると全然違う。

GLOCKのマガジンキャッチ…
というか、余剰パーツが溢れてるため思い付いた加工。


境目がフレーム内に隠れる所でカットし、同じ様にもう1つマガジンキャッチを長めにカット。


接着面をヤスリで整えて瞬着で固定。

で、はみ出た瞬着の部分を整えて終了。

なんてことはない加工やけど、効果絶大。  


Posted by MOCKEY  at 19:04Comments(0)カスタマイズBCMGLOCKハンドガン